090-8381-3579

ブログ

2017/09/09(土)

【セルフケア動画】脊柱管狭窄症由来の坐骨神経痛には 『膝抱え』のストレッチ

カテゴリー:【セルフケア動画】, ストレッチ, 坐骨神経痛, 痺れ, 股関節痛, 脊柱管狭窄症, 腰痛予防, 骨盤矯正

 

ご訪問いただき、ありがとうございます。

和歌山市で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院

スーパーストイックジム 院長の坂口暢哉です。

 

今日は、自分で簡単にできる腰痛予防と、

脊柱管狭窄症由来の坐骨神経痛の

痺れ対策のセルフケアをご紹介します。

 

まず、仰向けで寝て、膝を抱えて

胸に引きつけ、深呼吸をしながら、

腰のアーチが無くなるようにします。

 

次に、膝裏の真ん中にある

膝窩筋(しっかきん)を

押さえて、深呼吸を2回しながら、

さらに引きつけます。

 

次は、膝裏の外側にある

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)を

押さえて、深呼吸を2回しながら、

さらに引きつけます。

 

今度は、タオルを使って

ストレッチをしていきます。

 

膝裏にタオルをかけて、脚を組んで

引きつけるようにして深呼吸を2回します。

 

慣れてきたら、タオルなしで引きつけます。

 

【セルフケア動画】脊柱管狭窄症由来の坐骨神経痛には 『膝抱え』のストレッチ
http://superstoicgym.com/

【セルフケア動画】脊柱管狭窄症由来の坐骨神経痛には 『膝抱え』のストレッチ

 

膝を引きつけて、お尻まわりの筋肉を

ゆるめると、立ち仕事が続いた時や、

歩き続けた時の脊柱管狭窄症由来の

坐骨神経痛の痺れを軽減することができます。

 

このセルフケアは、坐骨神経痛の痺れだけでなく、

日常の腰痛予防にも役立ちますので、

腰痛で困っている家族の方や、知り合いにも

教えてあげてください。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

坂口暢哉

 

 

♦ 和歌山市で腰痛のお悩みは、いますぐコチラまで ‼

☎ 090-8381-3579

「はい、スーパーストイックジムです」と出ますので、

「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

 

・長年の慢性腰痛

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

 

「慢性腰痛」専門 整体院

スーパーストイックジム HP

トップページ

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-8381-3579

【受付時間】9:00〜21:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9:00〜21:00までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。