090-8381-3579

ブログ

2017/08/15(火)

【施術動画】脊柱管狭窄症 腓腹筋を使って筋膜リリース 脊柱起立筋をゆるめる

カテゴリー:【施術動画】, O脚・X脚, 坐骨神経痛, 椎間板ヘルニア, 痺れ, 筋・筋膜, 脊柱管狭窄症

 

ご訪問いただき、ありがとうございます。

和歌山市で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院

スーパーストイックジム 院長の坂口暢哉です。

 

今日は、家族の方に簡単にできる

足関節、腓骨の調整と、

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の

痺れ対策の施術をご紹介します。

 

まず、足首を回して足関節に動きをつけた後、

内反(ないはん)を取ります。

次に、アキレス腱に圧をかけてから、

つま先立ちの状態で腓骨(ひこつ)を

押していきます。

この時、腓骨の外果(くるぶし)を頭方に押さえています。

腓腹筋(ひふくきん)が充分にゆるんだら、

腰に触れ、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の

硬い部位をさがします。

その硬い部位に軽く触れながら、腓腹筋を押すと

筋膜のつながりから脊柱起立筋がゆるみます。

 

 

脊柱起立筋の上部もゆるめることができますので、

筋肉の硬い部位をさがして軽く触れ、

腓腹筋を押してみてください。

 

O脚の方の足首の内反を取ったり、

長時間歩いて疲れてしまった家族の方に

やってあげてください。

 

また、脊柱起立筋をゆるめることは、

脊柱管狭窄症の痺れを軽減する

施術のひとつです。

今後も、ご紹介する施術動画と合わせて、

周りの腰痛で困っている人に

教えてあげてください。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

坂口暢哉

 

 

♦ 和歌山市で腰痛のお悩みは、いますぐコチラまで ‼

☎ 090-8381-3579

「はい、スーパーストイックジムです」と出ますので、

「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

 

・長年の慢性腰痛

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

 

「慢性腰痛」専門 整体院

スーパーストイックジム HP

トップページ

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-8381-3579

【受付時間】9:00〜21:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9:00〜21:00までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。